【 イワサキ・ミツル 】
 
 ●1954年 埼玉県生まれ
 ●東京芸術大学芸術学科卒業
 
 ●展覧会
 1976 二人展 (銀座 楡の木画廊)
 1977 個展 (銀座 サトウ画廊) グループ展(銀座ルナミ画廊)
 1978 グループ展 (銀座 ヤマト画廊)
 1979 個展 (銀座 Gアート・ギャラリー新人選抜展)
 2005 〈 ACRYL AWARD 2004 〉入選作品展
 2005 第12回かまぼこ板絵国際コンクール 招待出品
 2006 第12回かまぼこ板絵国際コンクール 招待出品(横浜高島屋)
 2006 〈 ACRYL AWARD 2005 〉入選作品展
 2006 第24回上野の森美術館大賞展
 
 ●キャリア
 県立高等学校美術科教諭、各種学校講師を経てフリーの美術家(画家・装丁家)
 として出版関連各社の書籍装丁・装画等を手掛ける
 2001年 3月東京浅草にて細密画工房《絵草紙》設立
 
装画
装丁(ブックデザイン)
『国語通信』(筑摩書房 1981〜1998)
 
『だれが、いばら姫を起こしたのか』(筑摩書房 1984)
 
『ピアノ教師 マダム・スザーツカ』(春秋社 1992)[原画]
 
『長嶋一茂 父と子』(春秋社 1992)
 
大村はま著『灯し続けることば』(小学館 2004)
 
八重洋一郎著 『若夏の独奏』(以文社 2004)
 『直木三十五全集』全21巻 (示人社 1991)
 
 『たたら研究』全5巻 (示人社 1994)
 
 『ゴッドと上帝』(筑摩書房 1986)
 
 『夏目漱石入門』(筑摩書房 1989)
 
 『宮沢賢治入門』(筑摩書房 1992)
 
 『陽関に故人無からん』(筑摩書房 1995)
その他 書籍装画・装丁多数
 
HOME